業界分析って。ここで働きたい。

 今の自分の感情をそのままメモします。

 2/7業界分析セミナーが福大で行われた。

☆専門商社「(株)PALTAC

☆旅行業界「(株)日本旅行

☆金融業界「(株)三井住友銀行

☆ホスピタリティ業界(サービス業界)「(株)Plan・Do・See」

の説明会へ行った。

 

☆ 商社は、メーカー(作る)→卸(商社)→小売(販売)という、メーカーと小売の仲介のような役割をしている。

商社を介さず直接取引した方がスムーズで手数料のようなコスト削減になるかと思っていたが、それは全く逆で商社を通すことで何重にも複雑になる取引の手間を省き手間とコストが削減されている。

今後は、業界的にもAI、ロボットと進化した物流という全く新しい取引が課題となってくる。

私は、今まで大企業である総合商社ばかり見ていたが総合商社は総合というように自分には何でも屋のような全てを幅広く手がけてしまっているため、ある程度の土台が企業にできててしまっていて挑戦したい、新鮮なことにワクワクしたい自分にとっては違う?と感じた。でも専門商社では、ある決まった専門のことを進化させようとしている傾向もあるので、まだ捨てきれない気もする。別に捨てなくていいか。

 

☆旅行業界は、聞いていて、ザ・サービス業。

BtoCだから今の時代でもお客様は絶対的な神様のような見方をしているように見えた。

他の業界では社員も同様に大切にしている姿が見られたが、自分的には旅行会社は、大切にしたくてもなかなか難しいっていう現状が溢れ出ているように見えた。

2017年の旅行業界販売売上ランキングでは、

1位 JTB

2位 楽天トラベル

3位 日本旅行

楽天トラベルはオンラインのみであるが日本旅行は総合旅行会社と言われていて色々な仕事が可能である。

私は、人よりも国内だけでなく、海外旅行も好きだと思うから旅行業界も視野に入れていたが、意外と仕事自体に興味を持てなかった。

 

☆金融業界は、今まで全く調べてもないし、視野に入れていない業界だったのであえて行ってみた。

難しいとか、固い、年齢層高めで怖そう?みたいなイメージばかりあった。

でも、1番驚いたのが、利益が全体的に6000億円ほどあるうちの約半分が全6部門のうち1部門の海外事業部から出ている。

正直、銀行は海外と全く接点がないと思っていたが、これからの金融業界はグローバル化が絶対とされている。

 

☆ホスピタリティ業界(サービス業)は、今まで気になってはいたがなんだか踏み出せずにいた。

もちろん大事って分かっているけど「お客様は神様」っていう歪んだ?文化が好きじゃない。

だからサービス業は嫌だって決めつけていた。

しかし、この企業の業界説明会を聞いてから180度変わった。むしろこの会社に入りたいとまで思った。感動した。

「日本のおもてなしを世界の人々へ」を掲げ、1番大きな事業はホテル事業である。

ホスピタリティ業界=人的接客サービスを提供する業者

時代に合わせて変わっていく中で、「もし自分がお客様だったら」ということを個々が軸にして、ホテルに関わる全ての人のことを考えた店づくり、またその場所にあるからこそ愛される必要である、よりステキな場所を創造する、街のシンボル作りのようなことを行う。

とても素敵な仕事だと思った。

沢山の人の幸せを考えられる、見返りを求めない相手を想う気持ちこそが、日本のおもてなしであり、自分の将来の夢にも近いと感じる。

そして、この会社のこの事業に関わる人にしかできない仕事だと思った。

AI、ロボットや他の誰にも取って代わることのできないこんなワクワクする仕事を自分はしたい。

 

Q、じゃあどうしたい?

なりたい自分[人生分析]

 最近、就活ムードが漂ってきて、私自身も色んな就活関連のセミナーにも行き始めて、

 つい最近までは、就活はしない。って思ってた。

 週5で8時間みっちり働くなんて考えれない。毎日毎日同じことの繰り返しになってしまいそうで怖い。だから働くにしても必然的に刺激が得られる海外に行きたいって思っていた。

 

 でもよく考えて、たくさん自分なりに考えて、1番就職したくない理由の「毎日同じ繰り返し」って自分次第じゃん。って気づいて、就活しようって決めた。

決めたからには、ちゃんとしたい。中途半端にしたくないし、後悔したくない。

 

 最近は自分を分析しまくっている。これが自己分析ってやつか。

 生まれた時からの年表をブログで文字にしよう。

 

 1998年3月に生まれた。自分は4人兄弟の長女であり、親戚中で初の女の子でもあり、かなり甘やかされて育った。

幼稚園までは、かなり人見知りでずっと泣いてばっかりだった。

小学生になるとだんだん打ち解けて、小4で吹奏楽クラブに入った。

とても怖い顧問の先生だった。

小4〜小6まで、この怖い先生が担任でもあった。

宿題を忘れたり、係の仕事をサボったり、色んなことで怒られる度に、反省文を原稿用紙2枚にみっちり書いて、みんなの前で読んだ。

だから、未だに感想とか文章はいくらでもかけるし、人前で緊張もしない。

当時は、泣くほど怖かったけど今となっては感謝している。

 

そして、小5で友達に誘われて、バレークラブに入った。

学校がない土日にしていた。小6では副キャプテンになった。キャプテンの子は小2からバレーをしてたのでとても上手かった。いつも負けて悔しかった、この時から負けず嫌いだ。

 

そして、中学生では小学校から引き続きバレー部に入部した。

そして私の中学校はヤンキーの集団みたいな中学だったので、スカートも短くて化粧して遊び回ったり、親に反抗したり沢山ごめんなさいと言いたい。

 それでも部活は一生懸命していた。バレーが大好きだった。チームメイトも大好きだった。ここでチームプレイの大切さとか難しさ協調性を身につけられたと思う。

自分の一個上の代の先輩はとても尊敬できた。だから自分もこんな先輩になりたいと思って、頑張った。3年ではキャプテンになり、エースとしても沢山毎日頑張った。

最後の大会では県大会の直前までいけた。

 最後まで頑張る粘り強さや、キツイことも楽しいと思える強さが身についた。

 

そして、中学卒業し、ここから大きく人生が変わった。

受験したい高校も決まった11月中旬。お父さんから福岡転勤になった。っていう電話が来た。

転勤族なのでよくあり、単身赴任っていう選択肢もあったけど私は福岡に行きたいと直感的に思い、行きたいって答えた。

そして、福岡に家族で引っ越すことになった。

 

さあ、ここから高校選びが振り出しへ。そして、1番制服が可愛かった高校に決めた。本当に理由は制服が可愛かったから。ってだけ。

福岡の高校は県外受験は不利とか推薦がないとか、色々怖かった。

だから沢山勉強した。それで受験に受かって、商業高校へ入学した。

ここでも沢山の人が協力してくれて、人の大切さ、感謝の気持ち、そして最後までやり切ることを学んだ。

 

そして、福岡生活がスタートした。最初は方言も意味わからないし、田舎だからなおさら。だけどそれが新鮮で楽しくて仕方がなかった。毎日ワクワクした。

高校では中学で遊びや部活で勉強を全くしなかった分、沢山勉強しようって決めていた。

だから実は高校の成績はいつもトップだった。

この時は一回みたらなんとなく覚えられていた。この時の記憶力を是非取り戻したい。

 

そして、最初は高卒で就職する気で入学したが、専門学校から短大になり四大に行きたいと思うようになった。

大学へは指定校推薦でほぼ受かるという選択肢もあった。一方で、校長会推薦っていう賭けみたいな推薦もあった。

私はその賭けみたいな推薦の方を選んだ。これは、取得資格や成績プラス2000字の志願理由で書類選考があり、福岡県で1人だけ合格する。だから自分より良い資格と成績を待っている人がいれば、自分には一般入試という商業高校生にとってはかなりキツイ試験が待っていた。

なんとかこの推薦で合格することができた。

ても嬉しかった。コツコツ頑張ることの大切さが身にしみた。

 

そして、大学生。華の女子大生。華と言われるだけある。毎日キラキラして夢のように楽しい。自分のしたいことして、自由に生きていける。アメリカにいって留学してさらに、自分の中の自由の幅も広かった。

 

やっぱり自分のなりたい自分は、今日も、5年後も10年後も30年後もずっと人生楽しいって思っていたい。

 

でも、このブログで全部書き出してみて、今まで気づいてないことに気づけた。

自分はその時は楽しくなくてキツイことも後から成功や楽しいことが待っているならばそれは楽しいってことになっている。

瞬間、1日、1秒が楽しいじゃないと嫌。って思ってたけど、それは違った。

たくさん努力して乗り越えて楽しいがあれば自分は幸せだと言える。

 

それがなりたい自分である。

 

HAPPY NEW YEAR

あけましておめでとうございます。

 

私は、0:01を人生最大の大号泣でむかえました。

 

2018年の自分を一言で表すなら「蓄積」

一言では表せないくらい

 

自分的に、今年は、どおおおおおんと行動とか、大きな変化は無い年だったけど、沢山の知識や経験を蓄積できた年だったと思う。

 

 1番大きかったのは、やっぱりアメリカ留学。

自分の存在の小ささを知り、世界の広さを知った。

世界の文化や、人間が本当にこんなにも違うんだ、っていうのもとても感じた。

「日本人はシャイだね〜」って言われる理由が痛いほどに肌で感じられた。

でもこれは恥ずかしいことではない、これも日本の文化なんだなと感じられるようにもなった。

なんだかんだ最近は日本が好きだ。

 

他にも、3年生になり始めたインターン

人生で初めて、会社で働く大人と一緒に働いた。

バイトは今まで14個してきているが、(やりすぎ)バイトとは全然違った。

一回り違う人たちと同じ空間で、働くということ。

自分の直属の上司は東京にいて、毎日東京と福岡間でテレビ電話をするのが当たり前だったこと。

どれもとても新鮮だった。

また、社会的に偉い人と呼ばれる人にもたくさん会えた。

話してみると、想像よりは、はるかに普通の人だった。(凄い上からでごめんなさい)

私が感じたのは、「凄いひと」って、才能じゃないなあって、「努力と勇気」で今の地位が持てた人たちなんだなあって思った。

だから、私にもチャンスはいくらでもあるなと思った。

これに気づいて就活をしよう!と思った。

 

ということで、去年の蓄積は、他にもバイトでのことや、ゼミでライオンさんのプロジェクト、友達関係、恋愛関係、海外旅行、成人式などなど沢山あった。

 

今年の目標は、「慎重に全力で」

就活をすると決めたからには、慎重に、全力で頑張りたいと思う。

また一日一日を大切に全力で楽しんでいこうと思います。

2019年も楽しみです!!!!!!!!!!!

 

みなさまにとって最高で、笑顔いっぱいの1年になりますように。

 

洗いものを料理する

[またまた時間重視メモ]

 

人は100年後にはご飯をたべない?→…

でも、100年後は、逆に時間を持て余しているのかな(ロボット、AIにより今よりもfreeが多い?)

→食べることに時間をかける

→ご飯はなくならない

 

「食べる皿」

料理のレパートリーが増える

足りてない栄養をメーター?機械で計算されて、足りてない栄養が組み込まれる皿。

(例:カルシウム、亜鉛

 

((別に皿の形にしないでいい?))

 

⑴指をかざして、足りない栄養。測定

⑵電子レンジ型?の機械で皿をつくる

⑶盛り付けて食べる

指登録して、ずっと栄養がわかる

風邪もひかない

何が食べたい気分〜で味が変わる

 

(皿の形じゃなくていい)

料理でも皿でもスープでも箸でも、形状が変わる、何パターンでも、再利用するという考え

 

→何にでもなる

→洗いものを料理する

 

f:id:junna0329:20181221195507j:image

 

製品からサービスへ

 [時間ないので、メモ書きブログ]

 

サービスは、2つ。価値は、2種類。

1.食べれる皿…楽しいという価値

2.100年後、人間は食べ物を食べない?…めんどくさくない(便利・楽)という価値

(グミとか、それだけでいい)

 

食べる前、中、後の前に注目。

f:id:junna0329:20181215115931j:image

食べる皿は、すでに存在する。

丸繁製菓

参考:http://marushige-seika.shop-pro.jp/

様々な味のお皿と料理を組み合わせることで、料理のレパートリーを増やす

ゴミを減らせるという価値

[疑問・問題点]

なぜ今ある食べる皿は、売れてない?

価格が高い?認知度がない?需要がない?

 

自分的には、、食べれるお皿に、液体系(カレー、スープ)を入れると壊れそうで嫌。

今、お皿持ってるからいらない。

LION 中間発表

 朝、6時半に起きて眠い目を擦りながら、半年ぶりの飛行機に乗った。

 前の日の夜は楽しみでワクワクで遠足前の子供みたいな気分で、実はあまり眠れなかった。

 

 みんなで平井駅に集合して、LION社へ向かった、想像もしなかった住宅街の中にあり、スカイツリーも綺麗に見える場所にあった。

 オフィスは、病院みたいな大学みたいな図書館みたいな真っ白で広かった。

 

 OBOBは最初にプレゼンをした。

 中間報告では、今までの出てきたアイデアを出すまでの過程、アイデア、具体的に考えられたもの3つのサービスを発表した。

 

 OBOBプレゼンでは、

・スライドが文字が多く見えづらいと感じたため、見やすいスライドを意識する。

・最初にプレゼンの流れ(目次)があった方が良かった。

・淡々と説明してしまったため、例えなどを使って、分かりやすくする。

・台本読みすぎ。見ないで説明する。

 

 LIONさんからのフィードバックとしては、

・マインドコントロールをして、洗い物を思わずしてしまうようなものは?というものだった。(例えば、イスがあったら思わず座ってしまうような仕組み)(この音楽かかったらなんか洗い物しちゃうんだよな〜)

・クリーニングの様な洗い物レンタルは?

・インプットが足りない

 

 またフィードバックから再検討が必要だと思ったことは、

・なぜお皿を食べるのか

・なぜ人は洗い物をしたくないのか

・100年後は、皿を使うの?食事は?どう変わっていくのか

・嫌いでも好きな時はある?

 

100年後の未来を想像することは難しい。

・未来をどうしたいのかという風に考える。

・全体的に商品に傾いているので、サービスをもっと考える。

 

f:id:junna0329:20181203121825j:image

 

[感想]

ひたすら楽しかった。プレゼンももちろん、LIONさんとの懇親会でも沢山の社員の方々とお話できて、人事の方に面接のことや、ずっと悩んでいた大学生活で頑張ったこと、自分のこれからの就活のヒント等、真面目な話からみんなで大爆笑するような露出狂や色んな裏話など。

大変貴重な体験ができました。

今回のプログラムに関わってくださっている方々に改めて感謝を感じました。2月の最終プレゼンに向けて、より頑張って行きたいと思います。

OBOBの歴史を一旦整理しよう

  再来週には中間報告プレゼンも控えているということで、これまでのOBOB歴史を整理していこうと思います。

 

 今年度から、当時はすれ違っても挨拶するかしないかくらいの4人がクジによって集まり、チーム名(OBOB)を決めた。

 

 大前提に、「100年後の家事」or「磨かない歯磨き」というお題があり、

歯みがきをすることは、苦ではない、むしろ好き。家事の方がアイデアの範囲が広い。ということで「100年後の家事」に決定した。

 

 そして、「洗濯・料理・掃除・食器洗い」などという候補が出て、この中から食器洗いが趣味。っていう人少ないとなり、「100年後の食器洗い」をデザインすることになった。

 

 グループのメンバーは4人いて、そのうち日常的に食器洗いをしているのは、2人。(一人暮らし、実家暮らしで自分の食器は自分で洗う)ほとんどしないのが、2人だった。

 

 そのため、まず意識的に食器洗いを個人でしてみることにした。

ここで意識したことは、“食器洗いをする工程“、“その時に感じた感情“、“発言“などである。

 

 これらを意識した上で、個々に家で実施してメモをし、見比べてみた。この時、自分がする分だけではなく、親がしているのを観察したりもした。

 

洗う前に水に食器を浸けておく。というスタートから、片付けるところまで食器洗いの「作業ステップ」とした。

f:id:junna0329:20181116195511j:image

 

 その次に、「感情曲線」で自分が実際に食器洗いをしてみてどのような感情の変化があったのかを折れ線グラフで表した。

人別の色であるが、だいたい一緒で意外にも食器洗いスタート地点が最も低いという事実に気づいた。

 

 次に、一番下の「観察事象」という項目を考えた。ここは、作業ステップをさらに細かくしていった食器洗い中に行った動作や感情を書いている。

ここは、話し合っていた時、だるい。という言葉が最も多く出てきた。

 

 その次に「問題点」を考えた。「作業ステップ」や「観察事象」を元に、そのような感情、行動になるにはどこに問題があるのか。といったことである。

これも様々な意見が出たが、時間軸によってだんだんと付箋の数の差が出てきて、食器洗い前半に注目されつつあった。

 

最後に、「改善のヒント」を考えた。ここは、先ほどの「問題点」を解決するには?というアイデアを出した。

ここは、思ったより意外と難しくて、苦戦した。

 

  そしてこのような結果を全体的に見て、特にどこに問題があるんだろう。どのステップがめんどくさい、嫌悪されているから、食器洗いをしたくなるんだろう。と考えました。

 

 そうして見てみると、洗い始める前と洗っている最中に付箋が集中していた。

 この結果から、洗い始める前と洗っている時に問題があると考え、同時にどうなれたら、どんな洗いものならやりたくなるのか、具体的にアイデアをたくさん出していった。

ここからはアイデアを出して、あぁでもこれは違う、これも違う。といった風に1ヶ月ほど考え続けた。

f:id:junna0329:20181116224614j:image

 アイデアを出すのは決して簡単ではなく、もうわからん〜ん、となりながらチームでもワイワイ会話ができるくらいに話し合いを重ねた。

 

 そして、考えていくうちに、3つの項目が挙げられた。

f:id:junna0329:20181116225133j:image

・子供がやりたくなる洗いもの(洗いものは子供が手伝えないという現状から)

・便利、楽な洗いもの

・やりたくなる洗いもの

 

具体的に今まで出てきたアイデアは、

・食卓テーブルが開いて、洗われて乾かされて、動くことなく洗いものが完了する

・シンクがないキッチン

・光をあてると、食べ残しや汚れが蒸発する

・使用したお皿を丸めて、置いておくと洗われて乾燥するそのまま収納も可

・使用した皿を再生ボックスに投げ込めば、綺麗に再生される

・水、洗剤を使わない洗いもの…

(他にもあるけど、今は思い出せないため後で追加)

他にも、具体的ではないが、痩せる、お金が貯まる、ストレス解消、美人になるなど。

 

 である。これらの中から1つに具体的に絞るのはまだ未完成すぎるので、中間報告までに仕上げれるように詰めていきたいと思う。